院生彼氏へのおすすめプレゼント!⇒ CLICK

同棲歴3年目のカップルが家事担当を決めないたった1つの理由

タイトル
悩む人

家事の分担ってみんなどうしてるんだろ?
担当を決めてみたけどなんかうまくいかないんだよね……。

こんなことを考えている人に向けて、今回は同棲カップルの家事の分担事情について書いていきます。

この記事で学べること
  • 家事分担のメリットデメリット
  • 家事は分担したほうがいいのか
  • 彼氏に家事を手伝ってもらう方法
  • 【具体例】我が家の家事事情
いちと&にの

・この記事を書いた人:いちと&にの
・同棲歴3年目(交際4年目)
・趣味は旅行とライブ
詳細なプロフィールはこちら!

記事タイトルの通り、ぼくたちカップルは家事担当をはっきり決めていません。

「そんなのでうまくやっていけるの?」と疑問に思った人は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

目次

家事を分担するメリットとデメリット

まずは、家事の担当を決めて2人で分担するメリットとデメリットを改めて確認しましょう。

メリット:家事の負担がラクになる

2人で話し合って家事を分担すると、自分の担当範囲が明確になって家事がやりやすくなります。

家事の半分を相手に任せられるので、仕事量的にも負担が減ってかなりラクです。

「洗い物は得意だけど、洗濯は苦手」といったように家事には人それぞれ得意不得意があります。

にの

お互いに苦じゃない家事を引き受けて、やりたくないものは任せられるのはWin-Winだね!

デメリット:担当以外の家事をやらなくなる

担当を決めてしまうと、相手が家事をサボっていても、「やってないじゃん!」と文句を言うばかりで、手伝わなくなるのが当たり前になる恐れがあります。

いちと

自分の担当さえやってればOK〜♪

話し合って決めたことなのでちゃんとやらないのは良くありませんが、ケンカの原因にもつながるので、できれば避けたいものですね。

どちらか一方が「自分のほうが家事の負担が大きい!」と感じてしまいモヤモヤするリスクもあります。

家事の担当は決めたほうがいい?

賛否両論あると思いますけど、家事の担当を決めすぎるのはかえって良くないと個人的には思います。

なぜなら、相手が家事をしてくれることを当たり前にしてはいけないと思うからです。

とはいっても、2人で生活していると、自然と家事の担当は決まっていきますよね。得意不得意もあるので。

大切なのは、相手がしてくれたことに対して、小さなことでも、できるだけ感謝を伝えること。

一緒に暮らしている家の清潔さ、快適さのために時間と体力を使ってくれているわけですから。

自分が家にいないときに家事をやってくれているときだってあります。

気づいたときだけでも「やってくれてありがとう」と伝えたり、余裕があるときは手伝ってあげるとなおGOODですね。

社会人どうし忙しい毎日ですが、お互いに時間がない中で、助け合いながら家事をこなすことが必要だと思います。

家事の担当は決めすぎるのはかえって良くない
  • 家事をやってくれることを当たり前にしない
  • 気づいたらできるだけ感謝を伝える・手伝う

彼氏に家事を手伝ってもらうには?

全然家事を手伝ってくれない、やってくれるのが当たり前になってしまっている彼氏さんもいますよね。

たまに手伝ってくれたと思ったらドヤ顔してきて、逆にイラッときたり。

モヤモヤさん

普段家事しない人に限ってドヤ顔する……。

男性は「家事をさせられている」と感じると家事をするのに抵抗を覚えます。

コツは、「してあげたい」「手伝ってあげたい」と思わせるような誘導をしてあげること。

さりげなく(ここがポイント!)困っている様子を見せたりして、自発的な行動を促してあげると、お互いにストレスなく家事をこなせると思いますよ。

同棲彼氏に家事を手伝ってもらうコツを紹介する記事も書いているので、良かったらチェックしてみてくださいね!

【具体例】我が家の家事はどうしてるの?

いちと&にの

ぼくたちの家事事情をさくっと紹介します!

  • 朝食づくり
  • 掃除機がけ
  • 風呂掃除
  • ゴミ出し
  • 皿洗い

自炊(朝食、夕食)

  • 朝食づくり…いちと
  • 夕食づくり…にの

※いちと(彼氏)、にの(彼女)

料理に関しては、「時間があるほうがつくる」に落ち着いています。

朝は基本的に彼女の方が出勤が早く、めっちゃバタバタの戦争状態です。

いちと

女性の朝は準備が多くて大変……

なので、朝ごはんは時間に余裕のある僕がつくることが多いです。

ついでに朝のゴミ出しも彼氏の担当です。

一緒に生活する前は、ほとんど朝食を食べなかったので、彼女のおかげで健康的な生活が送れています。


一方で夜は、彼女の方が早く帰宅して晩ご飯をつくってくれます。

朝食はだいたいメニューが固定なのでラクですが、晩ごはんは彼女が毎日献立を考えてくれていて感謝しかないです^^。

僕が帰ってきたら、途中から手伝うことも多いです。

最近は、節約も兼ねて自炊が多いのですが、いつも美味しい料理をつくってくれるので、胃袋ガッチリつかまれ状態ですね。

食後の皿洗いは、彼氏の担当です。

掃除

  • 掃除機、お風呂…いちと
  • 洗面所、キッチン、トイレ…にの

掃除の分担も、特に相談して決めたわけではないですが、自然と今の状態になりました。

彼女がキライな掃除機を僕がやって、僕が苦手なトイレ掃除を彼女がやってくれるなど、適材適所で掃除しています。

平日は仕事で疲れているので、いつも週末に2人で一緒に掃除に取り掛かります。

自分の担当が早く終わったら、普段相手がやってくれている箇所も掃除しちゃいます。2人で協力した方が早いので。

洗面所とキッチンはにの担当と書いたけど、ぼくがやっちゃうことも多いです。にのがお風呂掃除を手伝ってくれることもあるので、担当は曖昧な感じですね。

洗濯

洗濯は、いつも2人で協力してやります。

朝は時間がないので、いつも夜に洗濯機を回して夜干しします。干すのも、畳むのも、2人でやります。

にの

2人でやると早いんです!

最近は2人でやるのに慣れているので、1人だと「めんどくさい…」と億劫になってしまっています笑。

買い物

食材は、月に1回くらいの頻度で2人で業務スーパーに行ってまとめ買いしています。

肉や冷凍食品など、1人じゃ運べないくらい大量に買います笑。

日用品や足りなくなったものは、帰りが早い彼女がスーパーで調達してくれています。

いちと

いつもありがとう!


「2人で家事をやるシーン多いな!」「もっと分担した方がラクじゃない?」と感じる人もいるかもしれません。

どちらかが家事を始めたら相手もそれを手伝うのが、ぼくたちの中では当たり前になってます。

できるだけ2人でやる。ムリなら余裕のあるほうがやる。

そうすることで、自然と会話が生まれて、家事の状況を共有できるのも大きなメリットだと思います。

まとめ

家事の担当は決めすぎるのはかえって良くない
  • 家事をやってくれることを当たり前にしない
  • 気づいたらできるだけ感謝を伝える・手伝う

せっかく2人で暮らしているんだから、イヤな家事はサクッと終わらせて楽しい時間を過ごしたいですよね。

僕らの考え方が少しでも参考になったらうれしいです!

当ブログ「ハイボールレモン入り」では、同棲生活のノウハウについて実体験をもとに記事を更新しています。

少しでも参考になったり、楽しんでもらえるようなコンテンツをどんどん作っているので、気になったものがあればぜひ読んでみてくださいね。

同棲の悩み、その他質問したいことがあれば、当ブログ「ハイボールレモン入り」お問い合わせ匿名の質問箱も設けています。

Peing -質問箱-
匿名で聞けちゃう!いちと&にの@関西住み同棲カップルさんの質問箱です 院生×社会人カップルの恋愛事情、社会人カップルの同棲生活についてブログ運営中👫 |

些細なことでも全然OKです!お待ちしてます^^

いちと

それではまた!🌸

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元院生、社会人1年目の"いちと"と、社会人3年目の"にの"。週末に飲むお酒が大好きなエンゲル係数高めのカップルです。趣味は旅行とカラオケ。100万円を目指して貯金中。ブログ運営・執筆⇨いちと担当。インスタ投稿⇨にの担当。

・2019年5月:大学生時、交際スタート。
・2020年4月:いちと→院生、にの→保育士。いちとがにのの家に転がり込んで半同棲生活スタート。
・2022年4月:いちとも社会人になり、仲良く完全同棲中(交際4年目)。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる