早起きが苦手だった私が継続して朝活できるようになった5つのコツを紹介

タイトル
あなた
あなた

朝活に興味があるけど朝苦手だし、継続できるコツが知りたい!

今回は、継続して朝活ができるようになるコツを紹介したいと思います。

わたしは、1ヶ月ほど前から朝活習慣をはじめました。

その中で「これは効果があった!」と感じた朝活を継続するためのコツをお伝えします。

朝活に挑戦して感じた5つのメリットについての記事も書いているので気になった方は読んでみてください。

朝活は継続が難しい

わたし自身、もともと早起きすることがめちゃくちゃ苦手でした。

  • よく夜更かし+寝坊する
  • 朝はギリギリまで寝ていたい
  • 起きたばかりだから1限はウトウト
  • 寝ぐせを直す時間もなくて髪はボサボサ
  • ギリギリに起きるから基本朝ごはんは食べない

朝活を始める前はひどい有り様でした。

二度寝、三度寝は当たり前。

座右の銘は「『起きる』と『起き上がる』は別物」。

スマホのアラームは5分間隔で3回設定した上で、スヌーズもフル活用してました。

こんな状態のやつが朝活なんて夢のまた夢だと感じると思います。

でも、断言します。

あなたも朝活を継続することができます。

はるかわ
はるかわ

だってこんな私でもできました!

それでは、朝活を継続するコツを紹介します。

「これは自分に合いそうだ!」と感じたものがあれば、ぜひ使ってみてください。

朝活を継続するコツ

まずは10分早く起きる

あなた
あなた

よーし明日から朝活に挑戦するぞ。

普段より2時間早い時間にアラームを設定っと!

朝活を始めようとするとき、つまずく人がやりがちなこと。

それは起きる時間を急に早めることです。

普段7時起きの人が急に5時に起きられるわけがありません。

朝活に意気込むのはいいですが、やりすぎは継続につながりません。

まずは10分早く起きることから始めてみましょう。

10分早起きに慣れてきたら、その次は20分、30分と段階的に時間を早めていくとカラダが早起きに順応していきます。

そうすることで、気づいたら以前よりもかなり早い時間に起きられるようになります。

目が覚めるルーティーンをつくる

目が覚めるルーティーン(仕組み)をつくるのも、朝活継続のコツの1つです。

「これをやれば、強制的に目が覚める!」という仕組みがあれば、起きられそうにない日も乗り越えられます。

おすすめの目覚めルーティーン
  • カーテンを開けて日光を浴びる
    (体内時計をリセット)
  • シャワーを浴びる
    (交感神経が活発になり目覚めが促進)
  • 好きな食べ物や飲み物を用意する
    (食べたい!とパッと起きられる)

わたしの目覚めルーティーンは、

  1. カーテンを開ける
  2. 歯磨きをする
    (口の中をスッキリさせると目が覚める)
  3. パジャマから着替える
    (もうベッドに戻れない状態にする)

といった感じです。

特にさっさとパジャマから普段着に着替えるのはおすすめです。

ぜひ自分に合ったルーティーンを考えてみてください。

必ず毎日やる必要はない

1日だけ早起きして活動したとしても、それは朝活とは言えません。

1週間、1か月、1年…と継続してこその朝活です。

でも、継続することが目的になってはいけません。

あなた
あなた

うわー!せっかく1週間継続できてたのに、寝坊しちゃった…

モチベ下がったし、もういいや…

こうなってしまったなら、それはとてももったいないです。

朝活は必ずしも毎日やる必要はありません。

1番大切なのは、継続ではなく取り組む内容です。

朝活は平日だけにして、土日はゆっくりしてもいいんです。

寝坊して継続がストップしてモチベーションが下がったときは、もう一度振り返ってみてください。

その内容が自分にとって必要なことであれば、多少のモチベ低下なんてたいした問題じゃないです。

継続そのものに固執しすぎないように気を付けましょう。

アプリを活用する

「継続」のコツについてここまでお話しましたが、この「継続」をサポートしてくれるアプリを紹介します。

三日坊主を克服するアプリ|継続する技術
気合いや勢いではなく、適切な知識とデザインで三日坊主を克服します。

この「継続する技術」というアプリ、使い方はとても簡単。

「継続する技術」の使い方
  1. 目標を設定する
  2. 毎日目標を達成したら、アプリを開いて円をタップする

これだけです。

タップすると、毎日粋な一言で応援してくれます。

とてもスタイリッシュなでクールなアプリなんですが、なんと無料で広告すらついてないから驚きです。

朝活で利用するなら、目標に「毎朝〇〇時に起きて朝活する」と設定してみましょう。

目標を立てても三日坊主になってしまう…という人におすすめな方法です。

やりたいことに取り組む

これが言いたくてこの記事を書きました。

結局、自分のやりたいことであれば、必ず継続できます。

わたしの場合は、「ブログ」という今めちゃくちゃハマっていてやりたいものがあったので、朝活できています。

ブログを始めていなかったら、朝活もやっていなかったと思います。

自分に問いかけてみてください。

今あなたがやろうとしていることは、早起きしてまでやりたいことですか?

もし答えがNOなら継続は難しいので、別の時間をつくる必要があります。

もしくは、他に早起きしてまでやりたいことを考えてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめ〜朝活継続のコツ〜
  1. まずは10分早く起きる
  2. 目が覚めるルーティーンをつくる
  3. 必ず毎日やる必要はない
  4. アプリを活用する
  5. やりたいことに取り組む

1つでも参考になればうれしいです。

朝活最高!

それではまた🌸

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました